2006年09月11日

ハイドアンドシーク

←価格を知りたいならクリック!
宅配レンタルならこちら

公開:2005年4月
監督:ジョン・ポルソン
主演:ロバート・デニーロ,ダコタ・ファニング

母親が死んで心を閉ざすエミリー(ダコタ・ファニング)。そんな娘を立ち直らせようと心理学の専門家である父のデビット(ロバート・デニーロ)は郊外での暮らしを始める。暮らし始めて間もない頃,エミリーはチャーリーという友達ができたと言う。チャーリーはデビットの前に姿を現さず,奇怪な行動をとる。そしてついには殺人を行ってしまう。チャーリーの正体は!?

数年前から心の病に関する映画を多くみる。この類は,最初高く評価されたが最近ではラストがそれなりに想像できてしまう。ラストでのサプライズの度合いによってその映画の評価が決まってくるために,ありふれた類として扱われてしまう。それでも演技としてはとても良いと思う。

個人評価:★★☆☆☆



posted by ogi at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。