2006年10月20日

座頭市

座頭市販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
>>Seesaa ショッピングで買う

宅配レンタルならこちら

公開:2003年9月
監督:北野武
出演:ビートたけし,浅野忠信,夏川結衣,THE STRiPES,大楠道代,橘大五郎

個人評価:★★★☆☆

盲目でありながら金髪で居合いの達人である座頭市(ビートたけし)が宿を訪れる。そこには殿様の師範代をしていた服部源之助と病気持ちの妻、旅芸人であるおきぬとおせいの姉妹もいた。用心棒の職を探す服部と三味線に殺人道具を隠す姉妹。その日、町を仕切る銀蔵と大店の店主扇屋と宿に泊まった人々が交錯し合い、戦いが始まる。

勝新太郎の代表作として有名な座頭市を北野武が映画化したもの。制作条件として勝新太郎のものとはまったく違う作風にするとあったが、「リズム」に重点を置き、タップダンスと時代劇の融合を果たした。北野武らしいユーモアあふれるコントタッチな部分も魅力。

ブログランキングに登録しています。よろしければbanner_01.gif

いい映画に出会う。→


気になる本・音楽・DVDを扱うお店をランキング。
無料登録でアマゾンギフト券がもらえるそうです。




posted by ogi at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッチボール屋

公開:2006年10月21日
監督:大崎章
出演:大森南朋,キタキマユ,寺島進,松重豊,光石研,水橋研二

会社をリストラされ、地元へ帰ってきたタカシ。高校時代の野球部の仲間と再会し、酔っ払った勢いで東京行きの最終電車に乗車させられてしまう。気付くとそこは都内の公園。ここにいる理由もわからないタカシはその公園でキャッチボール10分100円という商売をしているおじさんに店番を頼まれる。しかしおじさんが帰ってくることはなく、タカシは他人とキャッチボールという不思議な生活を始める。

「言葉のキャッチボール」というフレーズは聞いたことがある。東京という他人行儀なせ界で見ず知らずの人間という不思議な空間。人々はさまざまなことを考え生きている。そんな人々の声を聞くキャッチボール屋。しかしキャッチボールは受け止めるだけではなく、返さなければ成り立たない。そこに生まれる小さな絆にほっとするだろう。

ブログランキングに登録しています。よろしければbanner_01.gif

前売り券で観に行こう。→映画チケットなら@電子チケットぴあ

いい作品ですよ。→


気になる本・音楽・DVDを扱うお店をランキング。
無料登録でアマゾンギフト券がもらえるそうです。


posted by ogi at 02:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 近日公開 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エクスペリメント


宅配レンタルならこちら

公開:2004年
監督:アンドレアス・リンケ
出演:マティアス・ケーベルリン,ナタリア・ヴォルナー,アーロン・ヒルデブラント

個人評価:★☆☆☆☆

ドイツの刑務所に服役している受刑者を対象とした更正プログラムが始まった。軍隊のような環境でのプログラムだったが4ヶ月という短期出所に引かれ、参加する若者たち。しかしいざ始まった更正プログラムは単に規則を守らせ、反する者に体罰を与えるという、とても更正プログラムとはいえないものだった。

「es〜エス」と同類の刑務所内実験の作品。集団心理、深層心理といった感覚に訴えかける点に乏しいことが残念。失敗した更正プログラムであっても、そこから更正の道を歩むことができた一人の青年の、憎む親からの自立という明るく、兆しのある結末で終わる点がこの部類の作品にしては珍しい。また主人公の腕に漢字で「重宝な人」と書いてあるのが難解。

ブログランキングに登録しています。よろしければbanner_01.gif

いい映画。→


気になる本・音楽・DVDを扱うお店をランキング。
無料登録でアマゾンギフト券がもらえるそうです。


posted by ogi at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。